スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミギー!



ぎゃんかわ

子の生暖かいまなざしに臆することなく揃えたい
吸盤の蛇口ミギーも可愛いですが
原作で砂糖見つけて「砂糖か・・・」って言ってるミギーもかわいいのです
スポンサーサイト

弾けろ集いし乙女たち「HOLYHOLY」


 11月12日発売のアーススター社発行コミックアーススターより
菅原キクさんの新連載が始まりました
 タイトルは「HOLY HOLY」
そしてこのカラーを見てください

かっちょえー
このキクさんの独特の配色
絶対自分には描けない。
そして何気にこの真ん中の後ろにいる手を組んでいる彼女たちが
すげーおぞましいて(褒めてます)
超かっちょえー

今朝アマゾンから届いて仕事前に一読
かっちょえー!

個人の印象は女子高生×伝奇
(あくまで個人的イメージです雰囲気が伝奇っぽくて・・・)

「その無人島にたどり着いたのは
目も耳も不自由な一人の乙女と 14人の生まれたばかりの赤子だった」

最初のナレーションでわくわくします
次回も楽しみ

しかし手に入りづらい・・・・
何故なら近所にTUTAYAがないから(主にここに置いているそうです)

スカイプで次回作の話をするときのキクさんは嬉々としていたのですが
一話を読んで凄い納得です


あと月光グリーンの新譜も届いた

CIMG1833_convert_20131114220118.jpg

何か色々写りこんじゃった
良かったです
お気に入りは「さかさまな僕」と「窓際オーケストラ」
今日は一日中聴きました

仕事はあとなおしのコマを・・・・下書きを・・・

以上です

きれてまーす!


 今日は本当は映画に行くつもりではあったのですが
アマゾンから荷物っていうじゃあ~りませんか

「じゃ来たら(映画に)行こう」と
ノンビリしていたら受け取ったのは午後だったので
行きませんでした

そして荷物の中身は上の写真です
(魍魎は1~3は既に手元にありましたが)
今日はこれらを読んですっかり家でごろごろしていました
(おまけに小説鉄鼠の檻まで読み返す始末)
昔から気に入ったものは何度も何度も読み返す性分で
その新しいものを吸収しないと!という気持ちがないわけでもないのですが
反芻を非常に好む性質で せっかくだから
どっぷり京極堂シリーズに浸ろうではないか!諸君!な気分だったことは間違いなです

漫画も面白いです
というか改めて凄いと思いました
とにかくこのシリーズは本の厚さが中々なものだし
キャラもよくしゃべる
それをあのすっきりと削いだネームはただただ凄いと思いました
作画担当は志水アキさんです
絵ももちろんいいです(上手いというのは何か失礼な気がして「いい」と
言ってみました)

でもやっぱりネームが・・・
ネームが凄いよなあ
「きれてまーす!」
「きれてまーす!」
筋肉じゃないですよ
「きれてまーす!」
ネームの事ですから
筋肉じゃないですよ


以上です



講談社漫画賞受賞おめでとうございます

ちょっと時間が経ってしまいましたが
お知り合いの作家さん 新川直司さんが
講談社漫画賞 少年漫画部門で受賞致しました
おめでとうございます!

普段からも色々とどうでもいい話などに付き合ってもらったり
作画のデジタル作業などの質問など受け付けてもらったり
していただいていたので
本当はお祝いに駆けつけるのが筋ではあったのですが
いかんせん 諸事情によりお祝いには行けませんでした

そんなわけで菅原キクさんと共にお花だけでお茶を濁してしまいました

このお花だってね
最初は蘭を送りたかったですよ
無論 その後彼がこの花の対応に困惑するのを見込んでの
考えでしたが
今回は普通に お花屋さんでチョイスをしていただきました

ちょっぴりお祝いに出かけた方の写真を見せてもらいましたが
彼はスピーチ直前だったようで
真っ白いお顔で 写っておりました

これでは流石に茶化せません
おめでたい席ではありましたが大変でしたね・・・・

改めておめでとうございました

受賞した作品は現在月マガで連載中の「四月は君の嘘」でございます
今月号はかなり切ないお話でしたね

娘は読んだ直後「段々椿ちゃん可哀そうになってきた」と漏らしていました

ただ幼い頃の公生君のTシャツ?の柄は・・・何故ですか?
もしもあのお母さんがアレをチョイスしたと思うと 感慨深いです


四月は君の嘘(6) (月刊マガジンコミックス)四月は君の嘘(6) (月刊マガジンコミックス)
(2013/05/17)
新川 直司

商品詳細を見る


そして私は 「諸事情」のひとつであったカラーのペン入れが終了です
・・・・一週間後くらいにまたもう一回やりますが
とりあえず締め切りの早い方を・・・
このラフが思った以上に手こずったものの (私の理解力と技術不足もともない)
何か出来上がってみると 何であんなに揉めたのか・・・ポカンとする次第ですが・・・
いや、私には大変だったんだ
だからこれが出来上がったら もう二度と見たくない!(笑)
それほど手こずりました

うーん・・・編集さんも説明して多少食あたり気味だったと思いますが
はははは・・・すいません

すいません 竜蔵さん!!

以上です

激震!創作落語事件

 夕べの事ですが
羅川さんと他にお二人のお仕事仲間と一緒に
スカイプをしたのですが
そこで先月号のましろのおとの話になりました




若干ネタバレになります







 落語 つまり噺に三味線で音をつけるあの回の話です
この回も楽しく読んでいましたが
一つ気になっていたことがあったので羅川さんに尋ねる事にしました

「あの落語は誰かがやっているものですか?」
「あ、創作落語って書いてたよね?」
「そうなんですけど 噺家さんがつくったものではないのですか?」
「ううん・・・・」
「・・・・・・まさか・・・・自分で作ったんですか?」
「うん そうだよ」

まさにその瞬間私を含めた三人に激震が走りました


噺家さんの中には古典の他に自分で話をつくって披露する方もいらっしゃいます
ただ何となく風の噂でこの回の原稿はとても大変だったと聞いていました
そして作品の中には「創作落語」の文字・・・・

まさかと思って読んでいたのですが・・・・・
凄い・・・・・そりゃあ大変ですよ!羅川さん!

お話の中で更に噺を作ったんですから
そりゃあ大変ですよ!!
大変ですよ!!

まさに激震
羅川さんの作品への真摯な態度に圧倒され その後「それに比べて自分は大丈夫か?」と
いう疑問が頭をよぎりもっと頑張らなくてはと
3人身を引き締める創作落語事件でした


現在はまだまだ人物のペン入れ中です
ちょっとキャラの顔がまだまだ不安定でその辺がもたついてしまいますが
ぶっとばしております

以上です





ましろのおと(8) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(8) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2013/04/17)
羅川 真里茂

商品詳細を見る
アルバム
かねた丸の本
剣客太平記 1 (SPコミックス)
かねた丸 岡本 さとる
リイド社 (2013-11-26)

裏宗家四代目服部半蔵花録 1 (1) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録 2 (2) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録 3 (3) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録 4 (4) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録 5 (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録(6) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録(7) (KCデラックス)
 裏宗家四代目服部半蔵花録 全7巻です
最新記事
プロフィール

かねた丸

Author:かねた丸
「裏宗家四代目服部半蔵花録」(講談社)7巻まで
「剣客太平記」(原作岡本さとる)(リイド社)2巻まで
 「義経北行伝説ドライブガイドイラスト」他読み切りなどを描いてきました 
 鳥が好きです
 お仕事のお話はメールフォームの方からよろしくお願いします

月別アーカイブ
カテゴリ
駅の時計
COUNT
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。