スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年賀状の準備はお済ですか?



 父方の父、私のおじいさんですが、
年賀はがきの準備の季節になると
束のように葉書を買い求め、
農作業の合間に家に入り、おもむろに赤みがかった茶色の
木箱を取り出し 中から二種類の判子を取り出し、
黙然と判を押しておりました。
 毎年同じ判子。
よって 毎年おなじデザイン。
勿論 黒一色。
 それが乾くと やはり木箱に入っている筆ペンを取り出し、
去年来た年賀葉書の住所を これまた黙然と書く。
 そして必ず相手に元旦に届くように受付が始まると
出しに行っておりました。
 思えば このおじいさん、一年も判を押したような
生活をしていました。
春になれば 種まき、ハウスの直し
夏は畑、そして川へ魚とり、
秋の準備
秋に稲刈り まき割り 鮭とり、祭りの準備、
冬は大相撲中継を見ながら投網の手入れ、
そして温泉へ二週間ほど湯治へ(自炊)
 一日の終わりは三合の日本酒を飲み、
全裸で歯磨きをし、テレビの前で自分で作った謎の塗り薬を
わき腹に塗る(テレビが見えません)
勿論 日記をつけておりました。

私はそんなおじいさんの姿を見て季節が移り変わるのを
感じておりました。

そんな人だったので、道具も非常に大切にしていました。
年賀の判子セットもその一つ。
当時とても 「いいもの」に見えて欲しいと思ってみていました。
その話を妹にすると 妹も同じ気持ちだったようです。

中学の頃に他界してしまいましたが、
そんなわけで、 私も年賀状は判子です。
元旦には今まで間に合っていませんでしたが、(すいません)
今年は準備も終わりました。

ちなみに黒岩さんは家のおじいさんがモデルなのです。
変わる事も大事ですが、何ていうか「いつもと同じように
季節が巡る」と、いう事は 子供時代
絶大なる安心感をいただいたような気がいたします。
 こんなに大きい人では無かったですが・・

長くなりましたが、今日からネーム。
ん~っ 何ていうのかなぁ~
さっき、ぼんやり考えて思ったことは、
プロット出した意味ねージャン!(あえてカタカナを)
どうしてこうなんだろう・・・
また、振り回されそう・・・とほほ。



スポンサーサイト
アルバム
かねた丸の本
剣客太平記 1 (SPコミックス)
かねた丸 岡本 さとる
リイド社 (2013-11-26)

裏宗家四代目服部半蔵花録 1 (1) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録 2 (2) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録 3 (3) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録 4 (4) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録 5 (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録(6) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録(7) (KCデラックス)
 裏宗家四代目服部半蔵花録 全7巻です
最新記事
プロフィール

Author:かねた丸
「裏宗家四代目服部半蔵花録」(講談社)7巻まで
「剣客太平記」(原作岡本さとる)(リイド社)2巻まで
 「義経北行伝説ドライブガイドイラスト」他読み切りなどを描いてきました 
 鳥が好きです
 お仕事のお話はメールフォームの方からよろしくお願いします

月別アーカイブ
カテゴリ
駅の時計
COUNT
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
11 | 2009/12 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。