筋肉のあれこれ



この本ここで書いたことないですよね?どうだったっけー・・・・・忘れた
もう一度紹介していたら申し訳ないです

アナトミー・スカルプティング
彫刻家 片桐祐司氏の造形の流れとその作品を収めた本です
知人から教えられ購入したのですが
作業の説明=筋肉の説明なので 非常に勉強になりました
(身に付くかどうかは別として)
かっこよく筋肉を見せる方法とか
どちらかというとマッチョが好みではないのですが
隆々にしろなだらかにしろ皆筋肉をもってるので
それにしても身体は難しい・・・・・

そして突然 子の話になりますが
4月に手術を受けてからリハビリのプログラムより若干
巻いた形で徐々に運動できる範囲が広がってきました
スポーツは以前装具をつけなければいけないし
試合形式のものは練習と名がついていてもいまだ出る事は出来ませんが

部活でも出来る事が増えて良かったと思います
しかし今度は体力が続かない
手術を受けると30%~50%の筋肉が落ちると言われています
まして装具をつけた状態でランニングなどをしてもそこを装具がぐっと
支えてる為なかなか筋肉がつかない
現在はランニングは装具無しでも可能になり何とか皆に追いつけるように
走ったりしていますが
手術の許可が下りるまでの1年と数か月ほぼ部活ではマネージャー的位置だった彼女の体力は
休まず部活を続けてきたチームメイトに追いつくのはたやすい事ではありません

自分の体力のなさに大分へこたれているようでした
もともと身体が動けるようになった時が一番の地獄だと覚悟をしていた彼女は
いうところの地獄の1丁目あたりだと思います
 ただ永遠と続く地獄ではない
これは抜けられる地獄だとおもうので
見守るしかないっす

よく他のお母さん方と話したりするのは
「サポート」について
どこまでやって どこまでを自分で乗り越えさせようとするのか
一人のお母さんが話していた
「壁を取り払うのではなく 壁を乗り越えられるような台を貸す」
と言っていた言葉が非常にわかりやすかったです

明らかに理不尽な「壁」については置いといて
届きそうで届かないそんな時はどうしてやったら一番なのか
後は子供の性格なんかも出てくるとは思うのですが
自分の手で壁のてっぺんに届いた瞬間は格別なんだって事を
経験出来たらいいなあと思ってます

真面目です
たまには真面目なんですよ

まあ、お腹が空いてるし

以上です


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アルバム
かねた丸の本
剣客太平記 1 (SPコミックス)
かねた丸 岡本 さとる
リイド社 (2013-11-26)

裏宗家四代目服部半蔵花録 1 (1) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録 2 (2) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録 3 (3) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録 4 (4) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録 5 (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録(6) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録(7) (KCデラックス)
 裏宗家四代目服部半蔵花録 全7巻です
最新記事
プロフィール

かねた丸

Author:かねた丸
「裏宗家四代目服部半蔵花録」(講談社)7巻まで
「剣客太平記」(原作岡本さとる)(リイド社)2巻まで
 「義経北行伝説ドライブガイドイラスト」他読み切りなどを描いてきました 
 鳥が好きです
 お仕事のお話はメールフォームの方からよろしくお願いします

月別アーカイブ
カテゴリ
駅の時計
COUNT
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード