スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月始めの話ですが



地元の夏祭りを観て来ました。
上の写真が 「鬼剣舞」という踊りです。
皆さんの 民族芸能もそうだと思うのですが、一口に こういう踊りです。と 言っても流派がたくさんあると思います。 この踊りもたくさんの流派が存在し、それぞれに庭元の下で、踊りの稽古をつんでいます。そして、その流派の中で少しずつ特徴が違うのもまた楽しい、見物客は自分のお気に入りの流派めざし、人を掻き分け席を陣取り(と言っても立ち見)ます。
 私のお気に入りは勿論 自分の実家が存在する地区の流派。
特徴は割りと派手、そしてアクロバティック、この日も ぐるんぐるんまわっておりました。
 そんなわけで、小さい頃の記憶ですが 稽古が道場である日は皆さんランニングから始めておりました。
 この鬼剣舞、いわゆる念仏踊りで、発祥は色々説があるようですが、その中に「前九年の役」で亡くなった人々の弔いに始めたとか何とか・・・
 確かにかがり火の下で踊る姿は厳か。
う~ん 残念ながら雨が降ってきて 最後のかがり火での踊りは今回見ていないのですが、もう少し
写真の腕を上げてお見せしたいです。
 この写真だって 後ろだもん。 いや、向こうが前だったんですよ。
何回も行ってるのに、いけません。

 あと、もう一つ こちら。
088_convert_20090817001810.jpg
「鹿踊」という演目。
こちらも 流派が多数存在し、厳密に言えば地元の踊りではないと思います。
 私が大好きな流派は「行山流」 
念仏踊りです。 この「行山流」華やかところはないと思います。
これはね、これは本当に念仏踊りです。
もうシャーマン 鹿の化身。
だって、太鼓のリズムがずっと一定。 それで輪になって 一人(一頭)がその中心で踊り、周りは 座って 太鼓を叩き たまに「くっ」と小首をかしげ、(このしぐさが 可愛い 大好き動物みたい) 時には促され立ち上がり 踊りだす。 
 発祥はこれまた色々あるようですが、偉いお坊さんが山で死んだ鹿の供養に始めた とか何とか。
 確かに 鹿です 鹿の踊りです!
 子供の頃は「つまらないなぁ」と(すみません)思って観てたのですが、今は大好きです。
これは 是非見て欲しい。そしてあの音楽を聴いて欲しい。
本当にこのCDが欲しい!「行山流 鹿踊」のCDが欲しい!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アルバム
かねた丸の本
剣客太平記 1 (SPコミックス)
かねた丸 岡本 さとる
リイド社 (2013-11-26)

裏宗家四代目服部半蔵花録 1 (1) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録 2 (2) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録 3 (3) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録 4 (4) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録 5 (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録(6) (KCデラックス)

裏宗家四代目服部半蔵花録(7) (KCデラックス)
 裏宗家四代目服部半蔵花録 全7巻です
最新記事
プロフィール

かねた丸

Author:かねた丸
「裏宗家四代目服部半蔵花録」(講談社)7巻まで
「剣客太平記」(原作岡本さとる)(リイド社)2巻まで
 「義経北行伝説ドライブガイドイラスト」他読み切りなどを描いてきました 
 鳥が好きです
 お仕事のお話はメールフォームの方からよろしくお願いします

月別アーカイブ
カテゴリ
駅の時計
COUNT
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。